障害の認定方法

障害年金の請求書が提出されると、市区町村の国民年金課、

あるいは年金事務所での確認となり、金を受給する為に必要な資格が

あるかどうかを認定医が判断します。

そして年金を受給するための要件である

 加入要件

 保険料納付要件

 障害状態要件

の三つを満たしているかどうかを行政が確認します。

20歳前の初診と国民年金加入中の初診によるものは都道府県ごとに行い、

厚生年金加入中の初診によるものは日本年金機構で行います。

障害の認定は、疾病ごとではなく障害ごとに障害認定の基準にあてはめ

その等級を決定することになっています。

ですから、うつ病では2級は取れないなどという事はなく、重症なうつ病であれば、

2級の裁定をもらえる可能性があるのです。

そして審査は診断書などの資料を見て客観的に判断されます。

WP-moraeru

 

 

  メールサポート終了につき価格改定いたしました。

WP-boyUP

Sasshi-ban-HANBAI

対応決済サービス

 

 

 

 

 

WP-sumahoUP

iPad/iPhone版Adobe® Reader®をダウンロード 

 Android版

 

 

障害年金 の存在を広めたいので ツイート &  いいね! を お願いいたします。