他の制度と注意点

精神障害者保健福祉手帳

メリットは
・電車・バス等の乗車賃が無料や半額になります。
・各種税金の控除
・動物園・水族館、公演などの公共施設が無料または割引になります。
・携帯電話の料金が安くすることができる。
・生活保護の支給費の加算があります。

それに!

退職時に障害者手帳を持っていると失業保険の給付期間が延長されます。

・退職前の就労期間が1年未満の場合
150日
・1年以上就労していた場合で45歳未満の場合
300日
・1年以上就労の場合で、45歳以上60歳未満の場合
360日
に、それぞれ延長されます。

障害者手帳は障害年金のように審査が厳しいこともなく申請も容易で
医師に診断書をもらって市町村へ申請します。

 

 傷病手当金

重病で仕事が、お辛い方には傷病手当金の申請をお勧めします。

職場はストレス地獄、是非、休職して心身共に休めましょう。

重要事項

労災扱い以外の病気やケガが対象。(仕事中、通勤途中などのケガ・病気以外)

会社で加入している健康組合に入っていること。

支給期間は休業4日目から通勤可能になるまでで1年6カ月が限度です。

給料をもらうより額は減りますが、自由な時間を手にでき、

傷病手当金 がもらえます。

金額は標準報酬月額の2/3と定められています。

そして傷病手当金をもらうには、もちろん通院を始めることが必要です。

傷病手当金は、最高で1年6カ月支給されます。

1年6カ月を傷病手当金で休養し乗り切り1年半経っても病が完治しない場合、

退職し 障害年金の裁定請求なさるのがベストだと思われます。

WP-tsukare-kyuuyouUP

病気やケガの為に会社を休み、事業主から十分な報酬が得られない場合に

支給される制度です。

申請に必要な書類等は

・傷病手当金請求書

・休業証明書

・労務不能である事の証明書(医師の診断書)

・添付書類

初回申請の時は欠勤した月及び前月の出勤簿、賃金台帳(写し・コピー)

最終回の請求については、最終日の賃金台帳(写し・コピー)

傷病手当金の申請先は

会社を管轄する年金事務所、または健康保険組合です。

自立支援医療制度

健康保険に加入なさっていて、自己負担割合が3 割の方は医療費が安くなる

可能性があります。

自立支援医療制度を使うと、現在3割負担の方ならば、自己負担が1/3になります。

ただし、病状の程度や「世帯」の所得の状況などに応じ、1ヶ月あたりの

自己負担額に上限が設定される場合があります。

上限が設定されることにより負担額は1/3より安くなることもあります。

生活保護世帯の場合、自己負担の月額合計が無料になります。

自立支援医療制度の期限は1年間と短く、更新には医師の診断書が

必要になります。

自立支援医療制度に必要なもの

1、医師の診断書(自立支援医療用診断書)

2、家族全員の被保険者証等

3、自立支援医療申請書(お近くの役所にあります。)

4、受診者の世帯の所得状況等がわかる課税証明など

これらの書類を持って、お住まいの市町村で手続きして下さい。

 

障害手当金

障害手当金は症状固定の障害に対して支給されることになっています。

一度、障害手当金を受給してしまうと病状が悪化しても

同一の障害については受給権が失われます。

たとえば、右耳が障害手当金に該当する程度であって、障害手当金を受給してしまうと

その後、不幸にして左耳も悪化し、両耳で聴力を失っても

聴力障害として障害年金を受けることはできません。

これが当初から障害年金を受給していれば、悪化した場合

3級から2級へ改定請求をすることができます。

障害手当金の請求については慎重になさって下さい。

お勧めできない制度です。

 WP-teatekin-kako

 

 

  メールサポート終了につき価格改定いたしました。

WP-boyUP

Sasshi-ban-HANBAI

対応決済サービス

 

 

 

 

 

 

 

WP-sumahoUP

iPad/iPhone版Adobe® Reader®をダウンロード 

 Android版

 

 

障害年金 の存在を広めたいので ツイート &  いいね! を お願いいたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>