書類とアドバイス

必要な書類

(1) 診断書

傷病名ごとでなく、障害ごとに8つにわかれています。
一つの傷病において8つの障害の診断書のうち、いずれか一つを
使用することになります。
しかし、一つの傷病で二つ以上の障害がある時は、それぞれの障害に応じた
診断書が必要になります。

(2) 受診状況等証明書 

診断書作成医療機関と初診時の医療機関が違っている場合に、
初診時の医療機関で取得していただく証明書類です。
「初診日証明」とも言われています。
請求者が初診日から継続して同一の医療機関で受診されている場合は
必要ありません。

(3) 病歴・就労状況等申立書(病歴状況等申立書)

請求者が記載する書類です。
発病から初診日までの経過、現在までの受診状況・就労状況等についてを
記載するもので、審査において病状の経過や日常生活の状況を把握する為の
大切重要な資料となります。
マニュアルでは、ここを重点に説明しています。

(4) 年金請求書

請求者の氏名や住所、配偶者や子供などのデータ、その他請求にあたっての
基本事項を記入する書類です。
障害年金の裁定請求は、この年金請求書に診断書などの必要な添付書類を付けて行うことになります。

 

障害年金の裁定請求の際のアドバイス

障害者には親切丁寧であるはずの役所の窓口ですが実際はそうでもありません。

障害者のほうは親切にしてくれるであろうと書類の記入が満足にできていない事が多いです。

記入が不十分でも役所側はアドバイスなどしてくれません。

よって最悪の事態が起きる事があります。

WP-utsuUP

提出書類の作成は注意のうえにも注意を払い、これでもか!という意気込みで

悔いを残さないような内容にする必要があります。

裁定請求者の障害を認定する為に判断の資料となるものは

裁定請求者が記述した「病歴・就労状況等申立書」と医者が記入した診断書です。

内容が重要だからといって「ただ重い症状に書けばよい。」というほど単純ではありません。

相手は長年、多数の案件を処理してきたプロですから裁定請求者のアピールの度が過ぎれば

逆に わざとらしく感じ、「仮病かも知れない。」と認定者の心象を悪くします。

また、重病に印象づけようとして書いたことにより、いらぬ調査が入ることもあります。

jyosei-e

これが「2級の裁定をもらって当然な病状なのに3級だった。」というような

不幸な結果を生んでると思います。

このような不幸な事実が起こらないようにしたいというのがマニュアルの存在意義です。

「病歴・就労状況等申立書」が認定の際の資料として重要な事はおわかり頂けたと思います。

医師さえも参加していない障害認定の決定は信用できないとなれば

不服申立をも考え、障害年金の裁定請求をする必要があります。

不服申立すなわち審査請求を行うには「診断書」と「病歴・就労状況等申立書」は

審査請求書を作成する際のたいへん重要な資料となります。

「診断書」と「病歴・就労状況等申立書」は、提出する前に

必ずコピーを取っておくことが重要です。

 

  メールサポート終了につき価格改定いたしました。

 WP-boyUP

Sasshi-ban-HANBAI

対応決済サービス

 

 

 

 

 

 

 

 

WP-sumahoUP

iPad/iPhone版Adobe® Reader®をダウンロード 

 Android版

 

 

障害年金 の存在を広めたいので ツイート &  いいね! を お願いいたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>